マイナンバーカード

マイナンバーカードについて

この10月からマイナンバー制度が始まりました。これに伴い全国民に一人一人の固有のID番号が付与されることになってきます。
固有の番号については、通知カードが各家庭に配られることになります。

 

これに基づき給与を支払う企業は各従業員やその家族の通知カードや身分証明書を紐付きにして管理すると共に、税務署に申告をしなければなりません。

 

家族の人がパートやアルバイトをする時も、そのカードを提示し同じような手続きに入ることになります。この通知カードはあくまで、個人にマイナンバーを通知することが目的です。

 

しかし、2016年1月以降から住んている市町村に申請をするとマイナンバーカードが発行されることになります。マイナンバーカードにはICチップが埋め込まれており、個人の詳細なデータが盛り込まれ運用できるようになると考えられています。

 

また、現在では身分証明書というと運転免許証やパスポートが挙げられますが、今後はこのマイナンバーカードが身分証明書として使うことができます。通知カードからマイナンバーカードにする時には、市町村への申請の際には、通知カードの他に身分を証明できる運転免許証等の提示が必要ですが、一度、カードを発行されると全てこのカードで行政手続きが簡素化される見込みです。

 

一方でマイナンバーカードの管理に注意しなければならないことも意識しておく必要があります。マイナンバー制度施行で懸念されていることは、やはり個人情報の漏洩です。

 

一度、漏れてしまうとどのようにリスクが発生するかは未知数なのです。マイナンバーを預かる企業も情報セキュリティの仕組みを構築するように厳格に決められているほどです。

 

この時に個人レベルでもマイナンバーの取り扱いは、十分、気をつけなければなりません。マイナンバーカードを常に携行することは、それなりのリスクが伴うと予想されるので、自宅の金庫等に保管するくらいの方法を取る必要が出てくるかと思われるのです。

 

一度、申請し発行されたマイナンバーカードは一生使えるものですが、同時に取り扱いに注意することが大事です。

 

とは言うものの、マイナンバー制度はあらゆる行政関係の手続きおいて、今まで縦割りの組織で公的書類の発行については、面倒な時間と労力を割かなければなりませんでした。

 

しかし、この制度により個人情報が省庁や役所の部門をまたがった共有化が図られることになり、行政サービスの向上が期待されるのも事実です。その手続きに必要なマイナンバーカードなので、この取り扱いには常にその利便性とリスクかあることを意識しておいて欲しいのです。

 

 

マイナンバーカードについて