マイナンバーの概要と目的について

マイナンバーの概要と目的について

この10月から各個人にマイナンバーの通知カードが自宅に送られ始めています。そもそもマイナンバーとは何?まだまだ国民の中でも、その内容を十分に理解できていない人が少なくありません。

 

簡単に言うと、社会保障・税番号制度となります。

 

これは国民一人一人に個別の個人の背番号が付与されます。これにより、国の行政的な事務が簡素化され、国民にも大きな利便性を還元できるとされています。国の事務の簡素化とは、各企業から個人に至る税収の把握が確実になるということでしょう。

 

国民は自分の勤めている会社に自分と家族のマイナンバーと個人を証明する身分証明書の写しを提出することになります。これにより、各企業は年末控除の際に、税務署に各個人のマイナンバーを併せて申告することになります。これパートやアルバイトをしている家族も同様です。

 

これにより、国は各個人の納税状況を正確に把握することができるのです。一方で国民の利便性とは、各行政手続を意味します。行政手続は、意外と煩雑さや面倒なイメージがつきまといます。

 

しかし、このマイナンバーにより手続きが簡素化されスピーディーな対応を享受することができると考えられています。特に行政側で縦割りになっている個人の社会保障やその他の情報を必要な時に応じて受けることができる点も特徴の1つです。

 

このようにマイナンバーは国にとっても国民にとっても大きなメリットを生んでいくと期待されているのですが、十分に留意しなければならない点もあります。
それは個人情報の取り扱いと漏えい対策です。

 

マイナンバーはまさに重要個人情報です。

 

企業も社員やその家族のマイナンバーを把握して置くことが必要ですが、それと同時に情報漏えい対策が義務づけられます。大きな企業で情報キュリュティ対策をキチンと施されていますか、中小企業においては、この対策も大きな課題となっており、セキュリティ第作を支援するメーカーも増えてきているのが実情です。

 

また、マイナンバー情報の悪用についても、厳しい罰則が規定されています。利便性が高いと同時に、危険性が潜んでいることも個人レベルでも注意が必要です。

 

よってマイナンバー通知カードは常に携帯しておくというよりは、自宅でキチンと管理しておくという方がいいのかもしれませんしかし、利便性が高いことも事実なので、マイナンバーの重要性を正しく理解しておいて頂きたいのです。

 

通知カードが郵送されてきたなら、年明けの1月からは役所におもむきICカードを申請することができます。このカードはID証にもなるので、より高度なサービスを受けることができるようになりますので、ますます利便性が高まってくることでしょう。