「上から目線の目」で見るな!

「上から目線の目」で見るな!

マイナンバー制度自体には「反対ではない」のですが、1番心配なのがやはり「犯罪」でしょうね?データを盗み取る事など今や「半分当たり前」になってきているではないでしょうか?このマイナンバー情報を誰かが流して「振り込み詐欺」に流用されるのでは?と心配する人も多いと思います。

 

それだけでなく10代,20代の若い人達が犯罪を起こした場合、刑務所から出た後、マイナンバーカードを持っているだけで「前科者扱い」され、「いじめ」を受け、精神的に可笑しくなる人もいるでしょう。このマイナンバーの問題点は「番号の変更」が基本的に出来ない事です。この番号を「死ぬまで一生背負わなくてはいけない」のです。

 

そして「プリンター等でスキャンして、パソコンのデータからプリント、コピーすれば誰だって犯罪者、もしくは被害者に両方なる可能性」もあるのです。今の時代、やはり「コンピューターウイルスが役所及び、年金機構、警察署」などに入った場合、「最悪の状態になる」日本国内が麻痺する可能性もあるのです。実際、「東日本大震災」で「コンピューター等のセキュリティ」が麻痺して動かなかったではないですか?そういった面をきちんと「管理出来る事を保障」しなければならないのですが‥‥‥‥‥‥‥

 

セキュリティ(情報管理)と犯罪、表裏が紙一重のようで、情報が何時流出してもおかしくない今の時代、様子を見ながら制度を運用するのも1つの考えではないでしょうか?

 

もう少し慎重に行っても良いのでは?個人的にはそう思います、ただ、今の状態で制度を始める事は「日本の汚点」につながりかねます。「賛成と反対」真2つに分かれる状態なので困ります。

 

国は国民を管理したいのですね?個人的には、「国は犯罪者の管理が出来ないくせに!まともな国民の管理をするな!」と言いたいです。